喫煙ができない時には無香料の禁煙補助剤で

近頃では喫煙できる場所が激減し、また人に与える印象を考えると、喫煙ができる場でも禁煙状態を強いられてしまうことがあります。
愛煙家に対して良心的な商業施設であれば喫煙ルームを設けていることも見られますが、主にトイレの近くなどです。
大々的に禁煙ルームを設けてしまうと、嫌煙家の風当たりが強いことを恐れているのでしょう。
ドラマなどでも喫煙シーンがあるだけで、かなり問題視されてしまうご時世です。
喫煙ルームも、トイレと同様に、建物に端などに追いやられています。
トイレが遠いところは、喫煙ルームや喫煙エリアもほぼ遠く、人と一緒の時などはその時間中、禁煙を強いられてしまいます。
しかし愛煙家にとってそれはイライラするもので、辛く感じます。
トイレに行くと相手に告げて喫煙に行くこともできますが、トイレが遠いことで、何度もその手は使えません。
トイレが遠いことで、その時間相手を待たせるのも、気が引けます。
そのような時にガムタイプの禁煙補助剤を使うと、精神の安定8にはかなり効果的です。
テイストにはミント系数種がありますが、無香料もあります。
ミント系だと、お食事や飲み物の味が変わって感じてしまうこともありますが、無香料であればその心配は少なく、また相手に気付かれることも極力少なくなります。
無香料だからといって、ニコチン特有のにおいがすると言うこともありません。
もちろん本人は、ニコチン特有の味覚の刺激を感じますが、不快感を覚えるものでもありません。
禁煙補助剤は、このように一次的な禁煙状態の時にも、有効に使えます。
長時間のフライトの時に、利用している人も少なくありません。
そのように使っているうちに、徐々にたばこ離れができるようになったという人もいます。



トップページへ